お庭に芝生をお考えの方へ<目土に関する事>

芝生の目土に関する事


下地土に関しては、昨日簡単に説明させて頂きました。
次に、「目土」に関する事。

芝生をお考えの方でしたら、目土という言葉は目にした事があると思います。この目土、芝生を保つ上で重要な役割を持っています。

  • 目土をする事で、排水がよくなる。
  • 新芽や茎を覆うことで保護。
  • 表面の凹凸を直す。
  • 地温を保つ事で、芝生の生育を促進

などなど、多くの役割を果たす事が分かりますね。
また、目土をするのに適した季節がちょうど、今頃の3~6月と言われています。
芝生が弱ってしまう為、夏場や、冬場に目土をするのはあまり良くない様です。

お子さんが遊んでこけても安心な芝生。見た目もさわやかで、とても明るい雰囲気を作ってくれます。
みなさんもぜひ、チャレンジしてみて下さい。


(お客様の指示により、お庭の不要な土をすきとった上に、下地土を敷いた写真です。)

分からない事、気になる事はご連絡ください。
中央建材

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ 土と緑の暮らしへ
投稿カテゴリー: news. ブックマーク permalink.