中央建材の施工実績
解体工事
解体工事
お見積りは無料です。メールがお電話にてお申し付け下さい。

近年、解体工事がとても増えて来たように思います。それは日本で高度経済成長期に多くの建物が新しく造られました。
そして今ちょうど、その建物の多くが寿命を迎えている事が一番の要因でしょう。

さて、当ホームページをご覧になられている方の中には解体業者を探している方もいらっしゃるかと思います。
昨今、多くの相見積もりサイト等がありますね。当社もそういった仲介サイトに登録すべきなのかもしれませんが、当社の事をより深く皆さまに知って頂ける様、また出来るだけ丁寧に分かり易くどのような工事を行ってきているのか、という事が少しでも皆さまに伝わる様、当ホームページにてのみ、解体工事の受付をしております。

  • 「どの会社がいいかなぁ?」
  • 「この会社は、仕事が粗く無いかなぁ?」
  • 「思ったよりも高いなぁ」

と多くの不安が解体工事には付きまとうのではないでしょうか?
解体工事を一般的な生活下においていくつも経験する、という方はあまりいないかと思います。大多数の方が多くて1度か2度程度でしょう。
また、大きな金額の工事にも関わらず、実際に見積もりを複数社からとって見ると、かなりの価格差があるのも事実です。
それには多くの理由がありますが、「絶対的な経費の違い」が1つの大きな違いになると考えられます。重機のリースコスト・産業廃棄物の処分費・人件費であり、足場・養生費用もしかり。あとは現場で作業をする方々の経験値による工期の違いでしょうか。
業者によってそのコストをどこまで低く抑えられるかが違います。かつ業者選択で安全管理・近隣対策をしっかりと行える会社、経験・技量が伴う会社が業者選択の上で重要になってきます。「防音シートが隙間だらけでも気にせず、次へ次へと作業性優先・ご近所さまへ配慮が欠けている・苦情が出たらその時はその時」などと横柄に構え必要経費まで落とそうとするところなどもあります。
またせっかく解体作業を依頼し、完了しても「最後の仕上げ後、地表にゴミ・ガラが多く残留している・地中にも残留していた」なんていう場合は、次に御家を立てる工程の際に必ずそのあたりの処分費用が発生します。そこはしっかりと見極めるようにしましょう。
※見積の注意点として解体費用の㎡(平米)単価を安くする為に、庭の木や外構廻の解体処分費が別記述になっている見積りには注意が必要です。「㎡単価が安い=お得」ではありません。総合した金額を把握しましょう。また現場を直接見もせずに受け取った見積金額はその後大きく変動する為あまり参考にならない事が多いです。実際に見てもらいましょう。

中央建材は、コストを低く抑えられる方法を見積の都度丁寧に精査し(処分対象物の量が多くなれば少量時の処分費と違って安くなる事があります この辺りをしっかり抑えるか否かで大きな差がでます)かつ分別解体の徹底(ハイプラ・ガラス・木類・畳はもとより、木類の中でも柱やコンパネ、その他を仕分搬出)する事で出来る限りお安くお見積します。
鉄筋・鉄骨・木造全てにおける過去100件以上の経験をベースに、安全で清潔な工事をしております。
解体工事が必要だが、ハウスメーカー等でしかお見積りをしていない場合は、その他複数社でのお見積りも必ず取る事をお勧めします。百万円違ったなんていう事もあります。大きいと思いませんか?
お見積りは、実際に現場にて測量・重機選定、搬出ダンプ選定をして金額が出てきます。実際に現場を見もせずに出た概算見積は実際の見積り金額と大きな差が出てしまう場合が多いです。
複数社に見積依頼は面倒だと感じるかもしれませんが、お見積りに費用はかかりませんので解体をお考えの際は、お電話もしくはメールでご連絡ください。

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ 土と緑の暮らしへ
投稿カテゴリー: 施工:解体. ブックマーク permalink.