中央建材の施工実績
その他工事
浄化槽の据付工事
合弁浄化槽の設置工事

「合弁浄化槽とは、水洗トイレからの汚水(し尿)や台所・風呂などからの排水(生活雑排水)を微生物の働きなどを利用して浄化し、きれいな水にして放流する設備」

従来まで設置されてきた、「単独浄化槽」は現在、原則として新たに設置する事は出来ません。昔と比べ、下水設備が整ってきた事が背景にあります。
しかし、「合弁浄化槽」については、その限りではありません。「合弁浄化槽とは、水洗トイレからの汚水(し尿)や台所・風呂などからの排水(生活雑排水)を微生物の働きなどを利用して浄化し、きれいな水にして放流する設備」になります。

今回はその、合弁浄化槽の設置工事のご紹介。

①浄化槽の底となるベースコンクリートまでの「深さ」が3m以上ある為に、掘削は矢板を入れながらの作業となります。

②大きな重機が動き回れる現場では無い為、細部は小さな重機で掘削します。

③掘削及び、土留めが終わったら、この様にベースコンクリートの型枠・鉄筋を施工。

次の記事へつづく。

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ 土と緑の暮らしへ
投稿カテゴリー: 施工:その他. ブックマーク permalink.