中央建材の施工実績
造成工事
【田んぼ農地転用】付帯工事その2
松原市某所


盛土工事詳細はこちらの記事にて掲載済みです。
今回は付帯工事について。
 ・給水管引き込み工事
 ・排水用U字側溝設置
 ・ブロック塀設置(2段ほど)
前回記事の続きになります。

続いて敷地沿いの道路の高さに南北で大きな差があり、排水勾配を考慮した際に設置の必要が出てきたコンクリートブロックの設置です。
下地はU字側溝の時と同じく表層改良・RC砕石にて仕上げます。さらにブロックの基礎用型枠工を進めます。

ベース(基礎)が仕上がったら、ブロック積を仕上げました。境界ラインに複数の折れ点がある為、きっちり位置を出しながら仕上げました。
こちらが仕上がり状況。

同じく仕上り状況。

資材置き場で、水も使いたいとの要望により、給水管の引込工事を行う事になりました。
前面道路にある枝管より給水管を敷地内へ取り込みます。
そして、松原市の方へ連絡し水道メーターを取り付けて完了となります。
引込が終わったら耐圧テストをして埋戻ます。

道路は復旧・本復旧と施工し終えました。

敷地内にメーター・メーターBOXの設置が完了。

後日サービスにて水栓・及び蛇口の取付をさせて頂きました。
これで全ての作業が完了しましたので、重機の運び出し・回送でお引渡し。

今回はガレージの解体から、盛土・付帯工事と一式でご依頼頂きました。
複数業者が入れ替わる場合、重機等も入れ替える必要が当然出てきます。そういった無駄も、一括してご依頼頂けた為に解消する事が出来ました。
小さな事に思えるかもしれませんが、この様な内容だけでも少なくとも十万円以上の差が出てきたりします。
その他にもメリットは数知れず工程も全て把握しており、スムーズにトラブルなく施工完了。工期・手間の無駄もありません。
また、直接のお取引となった為に、サービス内容がダイレクトに施主様へ伝わり、大変気持ちの良いお取引となりました。
この度は中央建材をご利用頂きありがとうございました。
中央建材にて盛土等の工事をご依頼頂く事で生まれるメリットはこちらの記事
などでも詳しく掲載しております。ご興味がある方はご覧頂けると幸いです。

この記事を見て、工事に悩んでおられる方がいらっしゃいましたらお気軽にご連絡くださいませ。
メール・お電話共に365日受け付けております。

中央建材

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ 土と緑の暮らしへ
投稿カテゴリー: 施工:造成. ブックマーク permalink.